香港在住のやさぐれ駐在員、香港生活・便利情報・猫情報などゆる~く書いてます。

モフおin香港

やさぐれ駐在員のつぶやき 海外生活

海外で働くサラリーマンのモチベーションについて

更新日:

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

誰だって、仕事に対する「モチベーションが低下する」時期はある。

特に海外駐在という環境は、日本で働くよりもメンタルヘルスに影響を受けやすく、仕事に対するモチベーションを保つのも大変だと思います。

今日はサラリーマンのモチベーションアップの秘訣をご紹介!
・・・・・っていう話ではありません!
そもそも、仕事にモチベーションって必要?
というのが、今日のお話。

 

海外での仕事について

そもそも、海外で日系企業で働くと面倒な仕事が多い。

現地採用には現地採用の、駐在員には駐在員特有の「面倒な(余計な)仕事が多いです」

駐在員なら飲み会、海外出張者のアテンド、本社と現地法人の調整、どうせそのうち日本に戻る奴扱い 等・・・

現地採用者については、私は経験がないのであまり変なことは言えませんが、駐在員上司のアテンド、身の回りの世話、通訳係など。現地採用であっても現地人のスタッフは扱われ方が違い、日本企業的なサービス残業などを押し付けられたり。話を聞いていると大変そうです。(それでいて駐在員の方が待遇が良かったりするもんだから尚更)

 

いい意味でも、悪い意味でも自由度が高い。

日本の場合
ある程度の規模の会社で働いていれば、細かく部署が分かれ仕事は分業化がされているため、自分がやらなければならない仕事が明確なことが多いです。普通のサラリーマンなら特に、上長・上司からトップダウンで仕事は下りてきて、業務に追われる日々が多いと思います。

海外の場合
日系企業である以上、日本より会社の規模が小さく、自分でやらなければならない事・意思決定・マネジメントなど日本では経験しない仕事をする事になります。自由と、裁量権があります。ただし、結果には厳しい。

 

自分の能力を発揮し、結果を残すチャンス

自由と裁量権を与えられ、海外で働くことで蓄積される経験値は、おそらく日本では得難いものだと思います。海外の現地子会社のトップとして赴任されるような方は、海外子会社のマネジメントを経験した後に日本へ戻り、地位の高いポジションへ就く人もいます。こういう人たちの実績が【海外駐在は出世コース】のイメージを作り出してます。

ぺーぺー駐在員の私でも、日本で働いている時より自由に仕事が出来ると感じています。その代わり、責任と結果を残さないといけないプレッシャーは日本にいる時以上ですが・・・

 

サボりだしたら、止まらない

0e0c47bf3b9da7e021df8f774589821d_sいわゆる、「指示待ち人間」の人は、海外に赴任すると途方に暮れてしまう人が多い。怒ってくれる上司もいない、やらなければならない事は自分で見つけなければならない。

ここで、自分に鞭を打って仕事をどんどん見つけて取り組まないとピンチ。はっきり言って、日本で働くよりも【サボろうと思えばいくらでもサボれてしまうから】

サボりだしたらモチベーションも下がる一方。最終的には【俺って、なんのために今ここにいるんだろう?】になってしまいます。当然、日本の本社には過程をすっとばして結果だけが伝わり→評価は下がる→さらにモチベーションが低下するという悪循環に陥る。

 

海外駐在員の鬱病

海外転勤者が鬱病にかかる率は実に日本で働く人の3倍といわれています。駐在員の家族についても同様です。
要因は挙げればきりがないですが、私の周辺でも海外赴任で鬱になって早期帰国されたり、海外で退職届を出してしまう方がいたりしました。こうなってしまうと、会社側としても高い経費を払って海外へ送り出したのに台無しですね。だから、海外駐在員の選出には、人事も非常に慎重になり頭を悩ます。

 

スポンサーリンク

 

そもそもモチベーションって何よ?

13モチベーション=個人レベルの目的意識、動機づけ、意欲や熱意 という意味。 モチベーションが低いというのは言いかえれば「熱意が無い」とか「やる気が無い」という事。

よく、「モチベーションを維持するコツ!」とかそういう自己啓発本やサイトがありますが、はたして仕事に対するモチベーション維持は必要なことなんでしょうか?確かにモチベーションが高い時はバリバリ仕事やれるし、結果も残せるような気分になりますが「モチベーションが低い」=良い仕事が出来ない  では無いと個人的には思います。だいたい、モチベーションなんて簡単に浮き沈みします。 嫁さんと喧嘩したり、ランチの店選びを失敗して不味かった時とか、虫歯が痛いとか・・・・いちいちそんな事で仕事に影響が出るようでは良い結果を残す事が出来ません。

 

 

モチベーションより大切な事

モチベーションより【プロ意識】

会社に所属し、「労働の対価」として賃金を受け取っている以上、プロ意識をもって仕事に取り組む事がモチベーションの維持より大切。

「プロフェッショナル」でイメージするのは弁護士やトップアスリート等専門的な事に特化して報酬を得ている人達。
じゃあサラリーマンのプロ意識ってどういう事?

「好きでもない、興味も無い仕事でもストイックに取り組んで結果を出し続ける事」 だと思います。

どんなに体調が悪かろうが、夫婦関係が冷え込もうが、季節の変わり目でアンニュイになろうが、仕事は仕事。お給料を貰っている以上結果を残さなければなりません。結果が全てです。

 

こんな事を言っていると、「社畜」と笑われるかもしれませんが、私の社畜論については別の機会に・・・

まとめ
モチベーションでは飯は食えない。
プロ意識を持ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

てすと

-やさぐれ駐在員のつぶやき, 海外生活
-, , ,

Copyright© モフおin香港 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.