モフおin香港

香港在住のやさぐれ駐在員、香港生活・便利情報・猫情報などゆる~く書いてます。

*

香港で山登り!香港トレイルに挑戦(ランタオトレイル1~2)

      2015/10/30

香港トレイルに挑戦!

登山が香港でもできると聞いて今回挑戦しました!
定期的に歩いたトレイルコースについて紹介したいと思います!IMG_2235まず入手すべきはこの本。

香港トレイルの全ての地図が載ってます。もちろん日本語。
値段は1800円(日本では)香港で買うと、、
4000円!!ばかやろう!!高すぎるわ!
こんな高い本買ったからには香港トレイル全制覇をここに誓う!
これから赴任する方は日本での購入を強くお勧めします。

今回は、香港トレイルのランタオトレイル・セクション1&2に行ってきました!

走破距離 9キロ
所要時間 4時間
IMG_2407
地図の1番と2番に行きました。ランタオトレイル制覇の道は長い、、

 

スポンサーリンク

ランタオトレイル 行き方

ランタオトレイル出発地点の梅窩(ムイオー)には、まず中環(セントラル)からフェリーでいきます。お値段40ドル。ほんと交通費だけは安い
IMG_2215 IMG_2213フェリーピアに謎に観覧車
IMG_2218船で20分ほどでムイオーに到着!
IMG_2221

いざ!トレイル開始!

香港のトレイルはチエックポイントのように、定期的にこの標識があります。地図を見ながら順番に追っていきましょう。
IMG_2223ランタオトレイル1は、フェリー乗り場降りてすぐスタート。つまり、セクション1は道路。。バスの排気ガスにまみれながら45分ほど坂道を登ります。IMG_2224っていうか、早く山登らせろ!

暑い・・・すでに水をがぶ飲み
IMG_2229やっと公園ぽいところに到着。ここからがセクション2!やっと山登りっぽい感じ。アーチをくぐってスタート!
※注意! トイレはセクション2のスタート地点以降ありません。ちゃんとすましておきましょう。
IMG_2230
永遠と石の階段を登り続けます。自然に囲まれた山道ですが、標高が低く日差しも強いので地獄。
IMG_2236IMG_2235日本の山で例えると、真夏の炎天下の中、六甲山を登り続ける感じです。
熱中症には本当に気をつけて下さい!

やったー!湧き水だ! しかし・・・・ぬるい!!
IMG_2241
IMG_22811時間ほど登ると、木が減ってササに囲まれます。日本のアルプスのような風景が、標高600メートル付近で楽しめるのが不思議。
IMG_2257
大自然の中から、チラチラ高層ビルや香港国際空港が見えるのもいい感じです。これぞ香港。
二東山と大東山という山の間の草原に、謎な廃墟建物が多数。窓は板が打ち付けられてナンバリングされてたりする。
IMG_2266IMG_2268
秋のトレイルシーズンにお店が出るのかしら?とか思っていましたが、後で調べてみると
先の大戦の時、香港へ難民が押し寄せた時にイギリス人が退避場所として作った別荘群だそうです。歴史ある建物だったんか。もっと写真撮ればよかった。

この辺りで急に天気が悪くなり、涼しくなりました(助かった)ガスが出てきて、神秘的な風景。(スモッグでないことを切に願う)
IMG_2280この後はひたすら2キロ下りの階段。膝ガクガク。辛すぎて走りました。

セクション2ゴール!この後のセクション3は、香港で登れる実質最高峰のランタオ山がありますが、今日はお預け。
IMG_2292帰りはバスで東浦駅に降りてMTR(地下鉄)で帰宅!その後即寝!

服装

短パンTシャツだと、日焼けもするしササに足が攻撃されるので、長ズボンかスパッツを履いていきましょう。
靴は、登山靴の軽いやつか、トレイルランニングシューズ。階段多いし道も整備されているので、日本で使うような登山靴は重くて疲れるかも。
IMG_2283私の今日の足元はこんな感じ。

まとめ
とにかく暑さが辛い。秋以降がベストシーズンですね。今の時期挑戦する方は、水を大量に持って行って下さい。あと帽子必須! 熱中症に注意!!

何よりも香港にしては【リーズナブル】な楽しみ方ができますね!交通費と食費以外かかりませんから。
香港で遊ぶことがない、、または、物価の高さで途方に暮れている皆様、休日に是非トレイルに挑戦してみてはいかがでしょうか!?

 - 香港情報 , , ,