香港在住のやさぐれ駐在員、香港生活・便利情報・猫情報などゆる~く書いてます。

モフおin香港

海外生活 赴任準備

海外駐在したら英語が話せるようになるなんて幻想だ

更新日:

photo by:https://www.statsmonkey.com/

とにかく 英語は 自分で 勉強しないと 身につかない

私が香港の駐在員としてしばらく暮らして得た一つの結論はこれ。
毎日毎日会社で仕事をして、業務のメールやスタッフとのコミュニケーションは英語しか使っていないが、だからといって英語が勝手に身につくわけではない。

 

必要に迫られたら嫌でも勉強するでしょ?

甘い。そんな悠長な事を言っている人間はいつまでたっても英語なんて身につかない。つまり私の事だ。
というのも、結局日本企業の駐在員として海外で働く場合、お客様や取引先様は日本人相手が多いし、スタッフもなんとなく日本語を理解している人もいる。ちなみに、私が働いている会社では日本語が喋れるスタッフは1人だけしかいないが、日本語をなんとなく理解できる人は結構いると思う。

そうすると、スタッフとつたない英語で話していても【必死に理解しようとしてくれる】し、【先回りして言いたい事を理解して話を進めてくれる】

スタッフの中には、英語が流暢に喋れるにもかかわらず、わざわざカタカナ英語で話しかけてくれる人もいる。どんだけ優しいんだよ。本当にありがとう。

という感じで、英語が全然喋れない私も周りの皆さんに助けられながら日々働いているのだが、これが英語の習得においては非常に痛い。結局、単語をポツポツつなげながら話せばある程度意思疎通ができてしまうので、自分が言いたくて言えなかった表現やつまずいたフレーズに対して反省したり勉強しないとそのまま結局次も話せないまま。

 

英語習得に必要な時間

英語と日本語は文法やら語順やら表現方法がかなり違う【遠い言語】の為、習得には時間がかかるそうだ。
英語の習得に約2400時間~3000時間は必要。とネット上ではよく言われている。そもそも【習得】がどのレベルを指しているのかすらわからない謎情報だけど。

ちなみに中学校・高校の義務教育で勉強する英語はトータル800時間程度。あと最低でも1,600時間は勉強しないといけない計算になる。大学でももちろん英語は勉強する場合が多いだろうが、そもそも30歳過ぎて英語でウンウン悩んでいる人は大学でまともに英語なんて勉強していないと思うので除外。

【よーっし、英語習得するぞー♪】と決意してから残り1600時間の英語学習をやりきるまでにかかる時間はというと、1年で習得したいなら1日4時間、2年で習得したいなら1日2時間は英語の勉強をしないといけない。

 

英語喋れるようになったら何がしたい?

ちょっと脱線

英語を喋れるようになりたい動機や、英語をしゃべれるようになったらやりたい事 がなければ継続的に英語を勉強する事は難しいと思う。

例えば一般的な英語を習得したい動機としては・・・

「もっと海外の人とコミュニケーションをとりたい!」
「世界で友達たくさん作りたい!」
「色んなところに旅行に行きたい!」
「英語を活かした仕事に就きたい!」
「外資系で働きたい!」

こんなところだろうか?

では、私自身が英語を習得してやりたい事って何だろうか?と考えると・・・・
そもそも人と積極的にコミュニケーションを取るタイプの人間ではないので、とくに海外の友達がたくさん欲しいわけでもないし、旅行程度なら今のレベルでも死ぬ事はなさそうだ。
外資系を目指す程の向上心を持ち合わせているわけでもない。もちろん、異国の地に骨を埋める気も無い。ラブ。日本ラブ。

これから英語を勉強したいと思っている方は、動機と目的(ゴール)を明確にしたうえで進める事をおすすめします。
なんとなく「英語しゃべれるようになりたいな」では継続するのが大変。

 

どうやって勉強すりゃいいのさ

この手の質問をネットで調べたり英語が喋れる友人に聞くとだいたい下記の2つの回答が多い

1:基本的な文法はしっかり理解しろ。
2:場数を踏め。しゃべる機会をふやせ。

これらの分かりやすく不親切なアドバイスを参考に私が取り組み始めた内容は下記の通り。

1:文法について

文法は中高生レベルの文法さえきちっと理解しておけば何とかなる。とよく言われるから文法の本とかは読み返すようにしている。【第○文型】とか【SVOC】とかね。基本をきちっと固める事は大切だと思う。母国語の場合文法を意識しないでも話す事はできるが、異国の言葉を学ぶ為にはネイティブと違って基礎の文法を理解する事が非常に大切なのは理解できる。

そもそも、日本人の中に「サ行変格活用」について正しく説明できる人間がどれくらいいるだろうか?
(し~し~する~すれ~せよ)

 

2:英語で話す機会を増やす

香港で働いていてスタッフは広東語か英語しか喋れないのだから毎日のように英語を話すチャンスはある。
しかし、人とのコミュニケーションが苦手な私は仕事の話ばっかりしてしまう。要するに英語の日常会話・雑談がくっそ下手なのだ。せっかくタダで英語のコミュニケーションをとれる場があるけれど、やっぱり人と喋るのは面倒でなかなか話す気にならない。

身銭をきって、無理やり会話をしないといつまでたっても英語が話せないと思い、英会話スクールへの入学も検討していたが、値段が高すぎて結論を先延ばしにしてきた。

結論:4月からオンライン英会話を毎日やる事にした。

オンライン英会話は最近ではすっかりメジャーだと思うけど、要はSkypeでフィリピン人と英語で話すタイプの英会話だ。普通の英会話スクールに比べれば格段に安い。安い所だと月5000円~で毎日25分英会話レッスンを受ける事ができる。
オンライン英会話についての情報サイトは腐る程あるので、気になる方は調べてみてください。

 

参考(オンライン英会話について)

オンライン英会話はレアジョブ英会話とDMM英会話が大手で有名。それなりに安くて講師が多い。

レアジョブ英会話
DMM英会話
1日25分 5,800 円/月 4,950 円/月
1日50分 9,700 円/月 8,200 円/月

一応私は両方の無料お試しレッスンを2回ずつ受けた結果、レアジョブの毎日25分コースに決めた。

レアジョブを選んだ理由は、業界最大手で講師の数も多いから。
DMMを選ばなかった理由はどうしても旧来のDMMイメージが払拭できなかったから。

内容はレアジョブもDMMも似たようなものだから純粋に値段で決めても良いと思う。ちなみに講師陣はどちらもフィリピン大学卒業生や在学生がアルバイト感覚で講師をやっていてみんな比較的年齢が若い。今までの教師たちはほとんど年下(20代)だった。

 

やってみた感想

・通信環境が悪い人の場合はよく聞こえない事もある
これは関係ないけど、後ろで犬が「ワンワン!」って吠えてたり子供が泣いてたりする時もある。生活感が凄い。

訛りが強い人もいる。
個人的には、アジアイングリッシュしか聞き取れないので全く不満はない。
私レベルがネイティブと話すと緊張で失禁する。

・良い先生もいるし、時間の無駄だと感じる先生もいる。
この辺は割り切れる人と許せない人がいると思う。お気に入りの先生がいたらブックマークして早めに予約すると良い。
正直、毎回質の高いレッスンを受けたいならちゃんとお金を払ってリアルの英会話スクールに行った方がいい。

受け身では何も身につかない。
あくまで、英語で喋る機会を提供されているだけと考えた方がいい。予習、復習、言いたかったフレーズを調べて次で使ってみるなど自分なりに勉強しないと無意味。25分はあっという間に終わる。

・毎晩、予約の時間が近づくと憂鬱
やっぱり人と喋るのって面倒なんですよね。しかも初対面だと余計に。
はぁ・・・これも英語習得のためだから頑張ろう。

会社と違って無理やりプライベートな会話や日常会話をするから、やらないよりはやったほうが英語の幅が広がるなと感じている。まだ1週間くらいしかやっていないけど、せっかく金払ったんだから頑張って続けて見ようと思う。

ちなみに私が英語習得に必要な時間(残り1600時間)をオンライン英会話の一日25分だけで達成しようとしたら10年くらいかかる。地獄。

 

まとめ

結局海外に住んで仕事をしている私でも自分自身に鞭打って英語を勉強しないと身につかない。
日本に住んでいて漠然と英語を習得したいと思っている人は、毎日少しでもいいから英語に触れて、勉強する事をおすすめします。きっと、海外にいようが日本にいようが上達の速度は一緒だと思います。

突然の海外赴任辞令でうろたえない為にも是非頑張ってください。

 

6/20更新

オンライン英会話挫折しました /(^o^)\ナンテコッタイ

毎日続けるって、大変ですよね。個人的にはモチベーションが保てなかったです・・・引き続きサバイバルイングリッシュで頑張ります(笑)

時間があればフィリピン留学とかも良いですよね。最近は、下記のブログがフィリピン留学してたりしてて面白いのでよく見てます。

I AM HARRY

フリーランス、WEB、英語、フィリピンなどをキーワードに日々思っていることを備忘録として書いています。

皆さんも英語を勉強する時は目的と動機を明確にしておれない心で継続する事をおすすめします!←折れた人より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

てすと

-海外生活, 赴任準備

Copyright© モフおin香港 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.