香港在住のやさぐれ駐在員、香港生活・便利情報・猫情報などゆる~く書いてます。

モフおin香港

海外生活 赴任準備 香港情報

香港で銀行口座開設時に死ぬほど苦戦した話

投稿日:

一時期、海外オフショア投資や個人資産の避難として香港の銀行を口座開設する事がブームになったと思います。非常に高額な香港口座開設ツアーを開いたり、情報商材としてマニュアルを販売したり。業者側としてはボロい商売だったと思います。しかし、香港の銀行の対応も刻一刻と変化しており、今では何も知らない日本人が香港でフラっと口座開設するのは非常に厳しくなっているのではないかと思います。

私自身、赴任当初に香港での給料を受け取る為の銀行口座開設で非常に苦戦した事をふと思い出したので書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

口座開設の必要書類(参考程度で・・・)

銀行によって、時期によって必要書類がころころ変わる気がします。
最低限パスポート(ID)と実際に住んでいる住所の証明書類は必要。

日本居住者の場合

  • パスポート(ID)
  • 運転免許証
  • 銀行の残高証明(英文)
  • 住民票(英文翻訳付)
  • 日本での収入証明(英文翻訳付)
  • 預け入れるお金

香港居住者(駐在員・現採)の場合

  • ID(パスポート)
  • 現住所が証明できる公共料金の請求書等(直近の物)
  • 預け入れるお金

 

住所証明が厄介だった

日本にいた時の住所で自分で免許書を翻訳して口座開設をしようとしたんですけどNG。英語の翻訳も公式な大使館などの証明が必要との事。
仕方ないので、戸籍謄本を日本大使館へ持っていき英訳を依頼して再挑戦。大使館に310HKDも払って!しかしHSBCには拒絶されました。(じゃあ何の書類ならええねん)殿様商売か!彼らの対応は臨機応変すぎて困る。

おそらく、香港居住者の日本人の場合は、ちゃんと香港の住所を証明できる公共料金(電気・ガス・水道)の請求書を持参するのが正解なのだろう。とはいえ、赴任当初は請求も来ていないし住む家も決まっていないので出せないわけで・・・

 

一番の壁はコミュニケーション能力

2014年後半あたりからみたいですが、銀行の係員とコミュニケーションが取れるレベルの語学力が必要となってしまいました。つまり、【広東語・普通話・英語】のいずれかで銀行員とコミュニケーションを取れなければ口座開設までたどり着きません。以前は、通訳者がいればOKだったりしたのですが、今は口座開設する本人が、喋れないとつっ返されます。おとといきやがれ です。

私の場合、英語はコミュニケーションとれるレベルでは無い為、1回目にHSBCで開始5分で一蹴されました。悔しいのでその後3回トライしましたが、結局分からない単語が出てきて回答に困っている所でさようなら。最長10分。というか係員のにーちゃんも日本語喋れるのに超早口の英語でガンガン喋ってくる。まぁそうするように指示が出てるんだろうけど。お断りされた後に「アリガトウゴザイマシタ」ってやかましいわ!!口座開いてくれよ!!

くっそー。ちなみに前任者や先輩駐在の方々は日本語しか喋れないのに余裕でHSBC口座を持っている。過去の香港赴任者にもすごいバカにされたけど、いやいや事情が変わったんですよと言い訳するのも面倒になりやさぐれる。

その後、中国建設銀行、創興銀行、恒生銀行、Standard Chartered Bank、永亨銀行,など永遠とさまよったが、最終的には中国銀行(香港)Bank of chinaで口座開設が完了した。中国銀行だけは比較的ごまかしごまかしで通用した。適当感が漂っていて助かった。社内では本気で給料毎月現金手渡しか?とザワついていたので・・・本当にまいりました。

なんでこんなに厳しいの?

厳しくなった背景としては、非居住者のマネーロンダリング防止について厳格なルールを定めたようです。その為、口座開設の際に口座開設者本人が資金の出所や用途などを英語か中国語で説明する必要がありますが、質問されても何言ってるか分かんない状態でした。
とはいえ、きっとお金持ち相手には口座開設してくれる気がする。結局、日本人のペーペー駐在員なんてファンドへの投資もしないし、HSBCや恒生銀行等の大手は貧乏人に口座開設してもメリット無いから強気なんだろうなぁ

 

香港非居住者が香港銀行口座を持つメリット

駐在員や現地採用のように給料を貰う以外の目的で日本に住む人が香港の口座開設をするメリットっていったいなんだろう。ちょっと調べてみたところ、

・税金対策
・海外投資の手数料削減
・遺産相続などの節税、口座凍結回避

うーん。ま、金持ちにしか関係ない話題でした。ペーペーリーマンには関係の無い話ですね。

あ、頻繁に香港に旅行に来る人は両替用に口座を持つって意見もありました!

 

まとめ

香港で銀行口座開設の時は英語や中国語での会話が壁になると思いますので、口座が欲しい人は英語勉強しましょう。あと、くれぐれも口座開設ツアーで詐欺に遭ったりしないように事前によく調べてくださいね。英語苦手な人は諦めずに中国銀行でトライしてみては?

 

あ、関係ないけど、HSBCのロゴとTDKのロゴって似てるよね。それだけ。

再見!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-海外生活, 赴任準備, 香港情報

Copyright© モフおin香港 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.