モフおin香港

香港在住のやさぐれ駐在員、香港生活・便利情報・猫情報などゆる~く書いてます。

*

香港は麺の種類がいっぱい!おすすめの麺料理たちを語る

   

香港の麺類はうまい

香港は麺類が豊富で嬉しい。とにかくいろんな種類の麺がある。
そもそもは、赴任当初こっちのお米の匂いがどうにも好きになれず、麺ばっか食べてたおかげで香港の麺類の虜になった。

今では(汚ったない)茶餐廳の(くっさい)米も食べれるようになったけど、やっぱり体調がすぐれない時とかは箸が進まないんだよね。米。
そんな時はもっぱら麺類に逃げるわけです。

今回は私が好きな麺について語りたいと思います!

 

はじめに:香港の麺の種類

香港で一般的に食べれる麺は下記の通り

・麺=ワンタン麺とかの麺。いわゆる中華麺。
・河粉=米粉で作ったきしめんみたいな麺
・米線=米粉で作った麺。うどんより少し細いくらい。
・米粉=ビーフン
・公仔麺=インスタント麺

ざっとこんな感じでしょうか?

では早速ご紹介!

 

スポンサーリンク

 

麺(ミン?) ★

代表料理:雲呑麺(ワンタンミン)

かんすいが入っていて、細くて硬めの麺。
誤解を恐れず申し上げるなら

「輪ゴム食ってるみたいな気分になる」

個人的にはどうしても好きになれない麺。

さらに、汁があるならまだ食えるけど、汁無しパターンはマジできつい。
ジャージャー麺っぽいやつを頼んだらこの麺の上に肉味噌がかかって出された時は絶望の2文字でした。
↑こんなん

ワンタン麺のワンタンは美味しいのでいつもこの硬い麺だけを無理やり食べて、後からワンタンを堪能するスタイルです。
(お店によっては、米線に替えてくれるとこもある)

 

 

河粉(ホウファン) ★★★★

代表料理:干炒牛河(ゴンチャウアウホウ)

米で出来たライスヌードルその1.きしめんみたいな感じです。食感は軟らかめ。干炒牛河のように、しょうゆ味で炒めて焼きうどんみたいな感じのがとにかくうまい。
牛河といいつつ、炒めが弱くて蒸して出してくる店のヤツはあんまり美味しくない。

熱くない熱珈琲がうまくないのといっしょですね。

たまに、半熟目玉焼きが乗っているヤツとかに出会うとちょっとだけテンションが上がる一品。

 

 

米線(マイシン) ★★★★★

代表料理:米線??

こちらも米でできたライスヌードルその2. とにかくこれが私は大好きです。ベトナムのフォーと、香港の米線を世界2大麺類にチョイスしたい。とにかくうまいんですよ。ベトナムのフォーよりもコシが無くて柔らかい感じ。スープもどんなスープにも合う。四川料理の辛いスープでも、魚の出汁たっぷりの優しいスープでも合う。

私が好きなのは、魚系の出汁のあっさりしたスープに米線。そこに辣椒油(香港ラー油)を盛大にブチ込んで食う!食え!!噛まずに食え!!!
この麺の素晴らしい所は、噛まずに食えるところだと思う。 米線最高!

 

 

米粉(マイファン) ★★

代表料理:星州炒米(センジャウチャウマイ)

ビーフンですね、はい。というかこうして並べて行くと香港の麺って、米の粉由来の麺類多いですね。
こちらは普通にビーフン。星州炒米はカレー風味の炒めビーフン。

可もなく不可もなくといった感じの麺。
ビーフンは日本でも食えるしね。

 

 

公仔麺(ゴンジャイミン) ★★★★★

インスタントラーメン!です!

とにかくうまいんだなぁこれ。なんでだろ。チープで外れの無い美味しさ。っていうか香港の人たちは茹でるのも上手なんだと思う。
普通に、スープに入ったインスタントラーメンで肉が上に乗っているヤツはもちろんおいしいけど、私が一番大好きなのは「炒公仔麺」系。

汁なしで、インスタントラーメンと野菜とか肉とかを炒めてあったり、汁なしのインスタントラーメンにポークチョップとタレがかかっているだけとかのヤツ。
マジでうまい!

ちなみに公仔麺=出前一丁じゃない。(と思う。すいませんここ不安)
出前一丁にすると+3ドル~くらい追加料金。私は普通の公仔麺で大満足!家で作る時は出前一丁だけどね。出前一丁の海鮮XO醤最高ネ!!

 

他にも炒麺?(カタアゲ焼きそばみたいなやつ)とかもあるけどあまり食べないので割愛。

 

まとめ

香港で私が食費をケチりながら生きていけるのは米線と公仔麺とマックのダブルチーズバーガーのお陰です。
本当にありがとう香港の麺類たちよ。

しかし麺、君だけはどうにも好きになれそうにない。

 - 香港情報, 香港旅行情報